天保元年創業のお菓子処の生大福8種類の競演!
天保元年創業のお菓子処の生大福8種類の競演!

天保元年創業のお菓子処の生大福8種類の競演!

天保元年創業!

天保元年を西暦に直すと、1830年。
日本では、江戸の昔、今から190年以上もの間、若狭小浜で多くの方にをファンの持ち、
親しまれてきた伝統の大福処です。
今では、全国各地からおいでのお客様にもご贔屓にされるお店です。


天保元年(1830)年創業【伊勢屋與兵衛】

う~ん、お茶が飲みたい。あんこと合うんだよね。
たまに、お新香を口休めにポリポリ、
く~、甘みの後のこの塩気が、また、いいんだ。
そして、お茶に大福、お新香と、無限のループでお茶の時間が終わらない・・・。

お正月で、「モチを食べたから、モチを食べたくない。」なんて
言っちゃ、ダメダメ。

大福「餅」というけれど、
あんこ「モチ」とは、違うでしょう。

お正月のモチはモチ米100%を使用します。
モチ米好きにはたまらない。粘りと旨味。
一方で和菓子の使用される粉は、白玉粉・餅粉・だんご粉・上新粉等があります。
それぞれに、うるち米とモチ米などの比率が違います。
これらの粉の食感をもとに、それぞれの菓子に合うように
お店によって独自の配合がなされて、和菓子として店頭に並びます。
天保元年の味がそのままというのは、あり得ません。
考えればわかるように、収穫されるコメの品質も昔と今では違いますし
あんこの糖分の配合だって、好みと流行りがあります。
しかし、和菓子を作るには、しっかりとした技術が無ければ、
190年の間、
店の暖簾を守れません。
今や大福や和菓子もコンビニスイーツとして簡単に手に入りますが
年始の和菓子初めに190年の伝統の和菓子を楽しみませんか?
ギフトにも「つまらぬものですが・・」と言いつつも、胸を張って差し出せる一品ですよ。
お代官様・・・・(違うか、笑
おすすめは、
生大福かな。
8種類の大福が用意されているから、セットで購入して食べ比べる楽しみもある。
和菓子は日本の伝統菓子です。
その中で大福は、気軽に楽しめる和菓子の一つです。
探究心が強い日本人は、伝統の和菓子にもクリームを合わせたり、フルーツを取り入れたりと
バリエーションも豊かに時代を波乗り。
アンパンの発明だって、大福ありきの発想で、できたんだ。
桜の塩漬けをアクセントにしちゃうのが、流石だね。
和菓子に、
お新香の塩気を合わせる意味を忘れない、日本人の舌先の味覚のなせる技。
こちらもどうぞ!
食の美りょく(うまいもん情報プラス、コラムあり)
美ボディメイク探究のすすめ(美の情報特化とまじめでちょいと面白い話
転職・就職へのとびら(就職情報特化と関連情報。ブログ収益化応援の勉強記事
買取情報COCO1(買取情報特化)

(ランキングサイト)今後美味しい情報を提供する励みになります。クリックをお願いします。
にほんブログ村


Translate »翻訳