花の浮島・北海道の礼文島から届く魚介は、よだれもんのうまさ満点。
花の浮島・北海道の礼文島から届く魚介は、よだれもんのうまさ満点。

花の浮島・北海道の礼文島から届く魚介は、よだれもんのうまさ満点。

礼文島って知っていますか?

北海道の北部に浮かぶ島です。
海抜0メートル地帯から200種類以上の高山植物が咲き乱れるため、

またの名を「花の浮島」と言います。
素敵な名前ですね。

でも、よほどの機会が無ければ訪れることはないでしょう。寒そう・・・。

こんにちは、黒ネコ7Gです。

濃紺の極寒の海から取れる魚は脂ののりもよくて,身の締りもいい。

島内の工場で加工されたお魚がご自宅に届くころにちょうど旨味がいちばんピークになるでしょう
刺身で食べるなら魚は〆てから2.3日してからが食べごろです。
〆た瞬間から魚の体の中で変化が生じます。
うまみ成分のイノシンさんが増すからなんです。
とれたての魚はコチコチした食感は、楽しめますが旨味はまだまだ先にあります。
また、2.3日を超えてうまく熟成に持ち込むとさらに複雑なうまみ成分に変化します。
干物のうまみもしかりですが、なまで食す刺身をうまく熟成させた味わいも良きです。




礼文島から高品質な食材をお届け

お家でもうまく熟成させることができるんですよ!でも、料理下手には難しいかな。・・

お家で熟成の様子は後日、ひらめきの猫じゃらしでアップされると思います。
お時間を見てお読みください。(こちら→ひらめきの猫じゃらし)

そういえば、最近は熟成すしも人気ですね。

さて、そんな北の海に浮かぶ

「花の浮島」礼文島から届くお魚を
食べてみたくはありませんか。

濃紺の海に囲まれた島から届く魚介は、よだれもんです。

西の方には、なじみが薄いかもしれないけど、
せっかく北のごちそうを注文するのならおすすめはお世辞抜きで
毛ガニとウニです。



礼文島から高品質な食材をお届け

カニや生ものが苦手な方には干物も豊富です。
干物ってね、北の方がうまいんですよ。
なぜなら、寒風にさらされることでじっくりと旨味が増す期間を
魚に与えることができるからです。

 

北海道の魚介をお探しならこちらも北海道のうまいもんとかにはここに決まり

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
こちらもどうぞ!
食の美りょく(うまいもん情報プラス、コラムあり)
美ボディメイク探究のすすめ(美の情報特化とまじめでちょいと面白い話
転職・就職へのとびら(就職情報特化と関連情報。ブログ収益化応援の勉強記事
買取情報COCO1(買取情報特化)


(ランキングサイト)
にほんブログ村

Translate »翻訳